FC2ブログ
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
冬の会津へ(後編)
- 2010/01/24(Sun) -
AM 6:00 郡山

DSCF4712.jpg
ネカフェのナイトパックが6時までなので日の出前に郡山を出発。
まずは朝ご飯でも食べつつ引き返します。


■西若松

DSCF4722.jpg
DSCF4727.jpg
ひとまず西若松駅へ。
只見線の駅ですが、線路はこの先新潟へ向かう只見線と栃木へ向かう会津鉄道(旧国鉄会津線)に分かれていて、
会津鉄道の車両も乗り入れています。

DSCF4728.jpg
場所的には会津若松市街の南側。まだ朝なのでちょっと寒いです。

DSCF4731.jpg
駅から徒歩15分くらいの場所に、戊辰戦争や白虎隊で有名な会津若松城(鶴ヶ城)があります。
無数に開いた鉄砲用の穴が150年前を思わせますね。

DSCF4740.jpg
お堀の水面が凍結してる・・・
公園の南側から入ろうとしたのですが、雪が積もってて道がわからずすこし迷いました。

DSCF4743.jpg
さて、ここからはJRのエリアをちょっとはみ出して会津鉄道の駅に寄り道してみます。

DSCF4746.jpg
芦ノ牧温泉駅へは西若松から片道15分ほど。ちと400円というのは高いのではなかろうか・・・
ていうか、印字が間違ってる!! (今日は19日)


■芦ノ牧温泉

DSCF4767.jpg
DSCF4754.jpg
雪原を眺めながら芦ノ牧温泉駅へ到着。
駅名票には「天下御免ジパング国会津芦ノ牧藩」というなんだかよくわからないキャッチフレーズが書いてあります。

DSCF4752.jpg
駅前はまだまだ雪が積もっています。
名前の通り芦ノ牧温泉への最寄り駅で、旅館の車に送ってもらっていた人もいました。

DSCF4759.jpg
この駅は、先日訪れた和歌山電鉄の貴志駅同様、猫が駅長に任命されたことで話題になったりした所でもあります。
(ただ、ここは貴志駅と違って駅員さんが居る駅なので・・・猫の部下?)

DSCF4761.jpg
いた!猫駅長の「ばす」です。寝てる。

DSCF4760.jpg
結構なご老猫のようで全然起きない・・・
たま駅長のように拘束(?)されているわけではなく、駅に出たり入ったりと自由奔放な駅長みたいなので
会えただけでもラッキーなのかもしれません。

DSCF4771.jpg
駅長に別れを告げて、野口英世号で再び会津若松へ引き返します。


■会津若松

DSCF4715.jpg
DSCF4718.jpg
ここでようやく会津若松駅の外へ。只見線はここで終点。磐越西線はここで進行方向が変わります。
駅舎の感じはなんとなくJR松山駅を思い出させる…

DSCF4772.jpg
デカいべこちゃんが。

DSCF4776.jpg
駅前には白虎隊の像が。白虎隊自刃の地である飯盛山も近くです。
飯盛山や市内はバスで回れるようですが、それほど本数が多くないので下調べの必要があるかもしれません。

DSCF4773.jpg
列車が来るまでソバ屋で昼食。会津若松の名物だというまんじゅうの天ぷらも一緒です。
会津若松ではまんじゅうの天ぷらを醤油に付けて食べたりソバに漬けて食べたりする人も多いと
みのもんたの番組でやっていたので早速実践してみる。

DSCF4774.jpg
ボチャリ

あんこがおつゆに溶け出してなんとも奇妙な味に。

DSCF4779.jpg
ソバはおいしかったので、別々に食べたらよかったなどということはこれっぽっちも思わず、しばらく
駅前をうろうろする。

DSCF4781.jpg
そして磐越西線にて郡山まで戻ります。

DSCF4784.jpg
会津若松から郡山までは約1時間。途中、猪苗代湖の近くを通るので湖見えるかなと思ったけど
木と道路に阻まれてよく分かりませんでした。

DSCF4795.jpg
磐梯熱海駅付近にて、強風により速度制限がかけられ列車はのろのろ進む。


■郡山

DSCF4800.jpg
DSCF4798.jpg
30分ほど遅れて郡山に到着。列車が遅れたため駅前を散策する時間がありませんでした。

DSCF4799.jpg
DSCF4801.jpg
さて、ここからは水郡線にて水戸へと南下します。

DSCF4803.jpg
水郡線は郡山と茨城県の水戸を繋ぐローカル線で、片道にかかる時間は3時間。特急などの優等列車はありません。
沿線はこんな感じの郊外風景が延々続きます。

DSCF4809.jpg
途中にある大きな駅は常陸大子駅で、乗務員の交代が行われていました。
写真は水郡線と併走する久慈川。

DSCF4818.jpg
そして3時間後水戸に到着。ここからは常磐線1本で上野まで帰れるので、もう帰ってきたようなものです。
今度は一部分しか乗らなかった磐越西線、そして磐越東線に乗ったり只見線の田子倉駅の訪問なんかもしてみたいですね。



DSCF4642.jpg
スポンサーサイト
この記事のURL | 鉄道 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ツルミーナイトフィーバー | メイン | 冬の会津へ(前編)>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://soket.blog50.fc2.com/tb.php/91-fd4f7ea2
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。