FC2ブログ
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
やきそばを食べに身延線
- 2009/09/14(Mon) -
■ 9月10日 甲府駅朝9時ぐらい

DSCF4004.jpg
18きっぷ残りの1回を消費するため、甲府までやってきました。


■ 3時間ぐらい前 新宿にてDSCF4002.jpg
新宿→高尾と待ち合わせ5分くらいでスムーズに甲府まで行く予定だったのですが、
新大久保駅線路人立ち入りとかで山手線が10分遅延。予定の中央線に乗れず、甲府から乗る予定の
列車も1本遅らせるハメになりいきなり予定が崩壊する。おのれ。

DSCF4003.jpg
気をとりなおして。 中央本線の勝沼ぶどう郷駅付近も見晴らしが良くて姨捨に負けず劣らず。
いつも降りたい衝動に駆られるけど時間の都合上我慢・・・そのうち降りるぞ!

DSCF4006.jpg
再び甲府。今日は身延線に乗ろうと思います。

DSCF4007.jpg
身延線は南アルプスのふもとを富士川に沿って山梨県の甲府と静岡県の富士を繋ぐ路線です。
JR東海のオレンジ色車両に乗り込む。

DSCF4011.jpg
沿線は日本らしい良い風景。

DSCF4014.jpg
山梨県側は単線なので、特急や対向列車の待ち合わせがしょっちゅうあります。

DSCF4017.jpg
鰍沢口駅を過ぎると両脇に山が迫ってきます。
窓が開かないのが残念・・・

DSCF4018.jpg
鰍沢口-富士宮の区間は他の区間に比べて列車密度が低く、一層ローカルな感じに。


■身延

DSCF4032.jpg
DSCF4024.jpg
乗った列車は富士まで直通だけど身延駅にて40分の待ち合わせ停車があるので、駅を出てみる。

DSCF4021.jpg
下部温泉や身延山への観光。和紙が有名のようです。
あとはノリピーの携帯の電波が途絶えた場所としてマスコミが意味無く集まってきた場所でもあります(笑

DSCF4027.jpg
駅のそばには富士川が流れています。川原まで降りてみたいけど降りるところが見つからず断念・・・

DSCF4033.jpg
というわけで身延を出発。

DSCF4034.jpg
しばらくは蛇行する富士川を眺めながら走ります。


■沼久保

DSCF4036.jpg
DSCF4035.jpg
静岡県に入って、沼久保駅で降りてみる。山道の途中にある小さな駅です。

DSCF4041.jpg
これといって何も無いとこですが、駅から眺める富士山が見事だと高浜虚子が読んだ句の碑がありました。

とある停車場富士の裾野で竹の秋
ぬま久保で降りる子連れの花の姥


と書いてあります。

DSCF4042.jpg
駅から眺める富士山です。ちょっと雲が出ていますが、それでも頭が出ているというデカさ。

DSCF4039.jpg
やることが無くなったので、富士川の方に向かって歩いてみます。

DSCF4045.jpg
流れが急なことで知られる富士川ですが、このあたりは川幅が狭くなっていてさらに流れが速いようです。
しかしどうにも高低差がありすぎて川原まで降りられる雰囲気ではありません。

DSCF4049.jpg
茶畑農家の脇を川に向かって探索してみる。

DSCF4058.jpg
犬に発見される。

DSCF4050.jpg
そうこうしていたら川原へと降りられそうな道を発見。

DSCF4056.jpg
川原に到着。しかし川へと近づくためには竜神池をしないといけなかった。
落ちないように注意・・・

DSCF4053.jpg
川の近くまで到達。でかい石に腰掛けてしばらく富士川を眺めて帰る。


■芝川

DSCF4065.jpg
DSCF4046.jpg
気がついたら隣の駅の近くまで来ていました。ここから乗車。


■富士宮

DSCF4071.jpg
DSCF4068.jpg
ここからは駆け足で、まずは富士宮にて下車・・・

DSCF4070.jpg
富士宮ということで焼きそばを食べる。麺のコシが強いです。
富士宮駅の駅そば屋は「焼きそば」です。さすが!


■富士

DSCF4072.jpg
DSCF4074.jpg
そして身延線の終点、富士駅へ。


■沼津

DSCF4075.jpg
DSCF4077.jpg
さらに東海道本線で沼津駅へ・・・
時間もあるので、ここから意味無く御殿場線に乗ってみようと思います。

DSCF4080.jpg
富士山のふもとを走る御殿場線ですが、雲がかかっていて富士山はくっきり見えず・・・反対側は晴れてるのに。
なんか最近肝心なところで天気に恵まれてないような気がする。


■御殿場

DSCF4082.jpg
DSCF4083.jpg
御殿場駅で下車。富士山観光などでにぎわう街です。
御殿場線は御殿場駅より静岡側での本数が多く、学生がいっぱい乗っていました。

DSCF4084.jpg
駅前にはでっかいウ○コ・・・じゃなくて富士の笠雲のオブジェが。
北口側はお店もいっぱいあって賑やかです。


■国府津

DSCF4086.jpg
DSCF4087.jpg
そして御殿場線の終点、国府津駅に到着。
ここは湘南新宿ラインの始発がある駅なので、ここまで来ればこっちのもんです。

それにしてもこんな所から電車1本で高崎まで行けるとは湘南新宿ライン恐るべし。


・・・


P1000361.jpg
というわけで今年の夏はこれにて終了。北海道行ったのが大きかった・・・

冬はどこに行こうかな。
スポンサーサイト
この記事のURL | 鉄道 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<それとこれとは別 | メイン | 信州テツの旅 (後編)>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://soket.blog50.fc2.com/tb.php/76-aade426b
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。