スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
飯田線のバラード その3
- 2008/10/23(Thu) -
AM6:00 平岡

DSCF1315.jpg
DSCF1312.jpg
平岡駅は駅舎と宿泊施設が合体しています。ここ始発の電車もあり飯田線の旅には便利なんじゃないでしょうか。
素泊まり6500円と、ビジネスホテルほど安くはないけど温泉付き。そして何より部屋の窓から平岡駅が見える!
平岡終点の電車が来るのもアツいです。駅を見ながら一杯やるのもなかなか・・・(笑)



■為栗

DSCF1320.jpg
DSCF1322.jpg
始発の電車に乗り、隣の駅「為栗」で下車。
駅の側には民家が2件・・・中井侍でも思いましたがほんと凄いところに住まわれてますね。
番犬がわんわん吠えていました。

DSCF1321.jpg
駅からの出口はこちら。橋を渡って山道へと繋がっています。

DSCF1327.jpg
対岸から。「自動車進入禁止」って、どう見ても渡れないような気がする・・・

DSCF1326.jpg
集落へ続く山道。歩いていくにはちょっと遠いです。
奥に軽トラが止まっているので、ここまで車で来ることは可能みたいですね。

DSCF1334.jpg
駅ノートがバックナンバーも含めてきれいに管理されています。
キクチさんトイレは大丈夫なのか。


■田本

DSCF1336.jpg
DSCF1364.jpg
秘境駅ランキング4位。田本駅です。

DSCF1361.jpg
崖と崖の間にある僅かなスペースにムリヤリ駅が取り付けられています。とんでもない所です。

DSCF1340.jpg
駅からの出口はこちら。
左の通路を通って階段を登り、トンネルの上を渡っていきます。

DSCF1342.jpg
トンネルの上から田本駅を見下ろす。崖っぷちに位置しているのがよく分かりますね。
中井侍や為栗には民家が、小和田には廃屋がありましたが、ここ田本駅には何もありません。
・・・っていうか、そもそも民家を建てるスペースなどありません。

DSCF1343.jpg
トンネルの上を渡ったところ、道が分岐しています。
左の道は申し訳程度に舗装がしてあり、駅名になっている田本の集落へ続いています。
右の道は未舗装で、この先川を渡って対岸の集落へと山道が続きます。

せっかくだから左の道を選ぶぜ!

DSCF1351.jpg
というわけで、やたらと急な坂道を上っていきます。
舗装されてるとはいえ、落ち葉は積もっているわ苔むしているわ路肩は崖だわでデンジャラスです。

DSCF1355.jpg
足元に気をつけて、蛇でも出そう。

DSCF1356.jpg
なんなんだここは道なのか。

DSCF1345.jpg
上ること20分・・・車の音が!道路だ!ヤッター!
駅から出るだけでヘトヘト・・・それもそのはず。田本駅から最寄のこの道路へは、高低差が200mもあるのです。
ジュースの自販機が光り輝いて見えます(笑) アクエリアスを買って飲み干す。

DSCF1348.jpg
朝もやが幻想的。さながら天空に架かってる橋のようです。

DSCF1349.jpg
田本駅北口(?)です。
道が3つに分かれていますが、駅への入り口が左下の道だなんて誰が思うだろうか・・・

さて、上ってきたので当然駅まで帰らなければなりません。欝だ。

DSCF1354.jpg
通路が崖に張り付いています。怖すぎる。

DSCF1360.jpg
線路が見えたー!

DSCF1365.jpg
駅ノートに記入を済ませ、電車が来るまで待つ。
小和田も凄かったがここもたいがいである。


■金野

DSCF1369.jpg
DSCF1372.jpg
ここも例に漏れず、崖と川の間の駅です。周りに民家はありません。

DSCF1371.jpg
天竜川のせせらぎが聞こえてきます。目の前の斜面は豪快に崖崩れしてますが・・・

DSCF1373.jpg
駅前広場(?)です。誰が使うのか自転車置き場が・・・
壊れた自転車が放置されています。

DSCF1375.jpg
斜面への道はないので、橋を渡って対岸へ。

DSCF1377.jpg
山道を延々と進んでいくと金野の集落です。歩いていくにはちと遠いので中止。
駅ノートの書き込みによると、この先土砂崩れで車は通行不能とのこと・・・

DSCF1378.jpg
橋の上から。何と言うか山の中です。



つづく






次回。千代駅で待ちぼうけの巻。
DSCF1457.jpg


スポンサーサイト
この記事のURL | 鉄道 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
<<飯田線のバラード その4 | メイン | 飯田線のバラード その2>>
コメント
--
キクチさん達筆ですね。
鉄子の旅の黒いページのイメージがあったから・・・。
あれは本当にカミムラさんが書いてるんですね。たぶん。
田本駅の階段、あれこそ横見さんが大はしゃぎしたところですね。そんなに遙かに道が続いていたとは。
2008/10/24 01:04  | URL | りっき~ #-[ 編集] |  ▲ top

--
他にも鉄子の書き込みがあるかと思ったけど、バックナンバーがない駅もあったりと
結局為栗だけだった。(中井侍は未確認)

田本の4枚目が「周りはどうなんだ!?」5枚目が「なんじゃこりゃァー!?」
6枚目が「おお!山道!!獣道!!」です(笑)
2008/10/24 14:37  | URL | SOKET #6urEx/7U[ 編集] |  ▲ top

-田本は下手すりゃマジで命が危ない-
田本は凄いですね。
本当 あんなところに良く駅なんか作ったな・・・って、
地元の方にしたら生活に欠かせない交通機関。
でも雨降ったらあの道は歩けそうに無いんですがw

小和田とか田本を見たら、為栗はまるで都会だ(言いすぎ)
2008/10/26 01:43  | URL | けいた #-[ 編集] |  ▲ top

--
秘境駅1~50位のうち飯田線の5駅を訪問してきたわけなんですが、やはり小和田と田本はレベルが違いますよ。
田本の山道を上の道路まで往復したら「っていうかここに駅がある必要があるのか!?」と思うこと請け合いです(笑

通学に使われているっていうのが信じられない・・・
雪なんか降った日にゃあ命にかかわるような気がする。
2008/10/31 23:37  | URL | SOKET #6urEx/7U[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://soket.blog50.fc2.com/tb.php/26-84ae5ea1
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。