スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
そうだ京都寄ろう
- 2012/10/31(Wed) -
AM10:30 京都駅
DSCF6746.jpg
さて、とあるイベントでの大阪遠征の帰り
せっかく関西に来ているのだから少し列車に乗って帰るぜということでやってきたのは京都駅。

DSCF6781.jpg
京都駅は日本一長いホームがあったり(トイレが遠い)、「34番線」というホームの多さも特徴。
33番線の嵯峨野線にて「保津峡駅」「嵯峨野観光鉄道」を回って帰ってくることにします。


■保津峡

DSCF6752.jpg
DSCF6777.jpg
保津峡駅で下車。
京都西側にある保津川渓谷の真っ只中にある駅です。

DSCF6764.jpg
周囲に人家どころか平地がほとんど無いため、トンネルに挟まれた鉄橋の上にホームがあり、なかなか珍しいです。
土佐北川級の珍駅と言えるでしょう。

DSCF6750.jpg
ホームから見下ろす保津峡もなかなか迫力が。高いヨー
隣の駅が太秦であることからも(?)映画撮影のロケ地なんかに使われることも多いそうです。

DSCF6773.jpg
観光駅としての要素が強いので、秘境といった感じではありませんが
周囲こはれといって観光施設系のそれっぽい建物も見当たりませんでした。


■馬堀

DSCF6785.jpg
次の列車にて保津峡を抜け隣の馬堀駅で下車。

DSCF6787.jpg
ここからしばらく歩くと・・・


■トロッコ亀岡

DSCF6792.jpg
嵯峨野観光鉄道のトロッコ亀岡駅に着きます。

DSCF6793.jpg
軽食も取ることができる小奇麗な駅舎内。写真右側にある窓の外には大量のタヌキの置物が・・・

DSCF6802.jpg
列車は1時間に1本。トロッコ亀岡~トロッコ嵯峨まで片道600円全席指定です。
今日は平日でしたがけっこうお客さんが乗っていました。

DSCF6816.jpg
保津川渓谷に沿って走る列車。
ここは先ほど乗った嵯峨野線(山陰本線)の旧線だった路線で、観光用として再利用されているそうです。
眺めのいい鉄橋上などではゆっくり走ったり停車したりとサービスが。

DSCF6809.jpg
JR保津峡駅がチラリと見える。
ライン下りの船をちょうちょい見かけるのですが、けっこうスリリングな渓谷な気が・・・どうなんでしょうか。

DSCF6813.jpg
嵯峨野観光鉄道には2つの中間駅があります。
トロッコ保津峡駅はJR保津峡駅より徒歩20分ほど。ここで降りる人はあまりいません。

DSCF6821.jpg
トロッコ嵐山駅はトンネルに挟まれたホームが短い駅で、1号車と2号車はトンネルの中にて降車不能。


■トロッコ嵯峨

DSCF6831.jpg
終点のトロッコ嵯峨駅に到着。
こことトロッコ嵐山駅は嵐山観光の拠点になる駅なのか、乗降客が多かったです。

DSCF6834.jpg
ここからJRの嵯峨嵐山駅へ乗り換え。
京都へと戻り、次なる目的地へ。



■坂本

DSCF6843.jpg
DSCF6851.jpg
京都から湖西線→京阪石山坂本線と乗り換えてやってきたのは滋賀県の坂本駅。

DSCF6844.jpg
電車にはなんかの漫画のラッピングが。

DSCF6855.jpg
比叡山滋賀県側の麓にあたる場所で、周囲には寺社が数多く町並みもいい感じです。
この灯篭が並んでいる道なんかはなかなかイイでしょ。

DSCF6852.jpg
滋賀県名物飛び出し坊やを拝んだところで向かうのは・・・


■ケーブル坂本

DSCF6859.jpg
比叡山を登るケーブルカー「坂本ケーブル」の駅に到着、坂本駅より徒歩15分くらいです。

DSCF6862.jpg
発車まであまり時間が無かったので即乗車。
坂本ケーブルは全長が約2kmと日本一長いケーブルカーで、
途中、誰が降りるんだと言う山中に2つの中間駅が設置されています。

ちなみに正式名称は「比叡山鉄道比叡山鉄道線」というらしい。


■ほうらい丘

DSCF6863.jpg
DSCF6867.jpg
中間駅があるということは当然降りる!
最初の駅、ほうらい丘駅へ。

DSCF6886.jpg
駅は山の中

DSCF6870.jpg
駅のすぐ側には大量の石仏が安置してある「霊廟」なる場所があります。
大正時代にケーブルカー建設工事中、土の中から掘り出されたものだそうで、
織田信長の比叡山焼き討ちでの犠牲者を弔うため当時の人が作ったものではないか?とのことでした。


・・・

普段ならば神社とかに行っても賽銭箱に「10円」とか「5円」とかしか入れないのですが(セコい)
ここは手が勝手に「100円」を入れてしまいました。そういったただならぬ雰囲気があります。

後に、かの牛山氏のサイトを見てみると同じようなことが書いてあってびっくり。
やはり、感じるものはみな同じなんでしょうか?


DSCF6875.jpg
それだけでなく、外にも原型をとどめていない石仏やらなんやらがたくさん置かれています。
当時の僧侶を皆殺しにしたといわれる織田信長。相当な極悪人です。

DSCF6871.jpg
さて、ケーブルカーの路線に沿って延暦寺まで山道が続いているのですが、
どうもこの山道は現在悪路につき通行不能になっているとのこと。
要するにここで降りてもどこにも行けません。(麓には降りられる?)

DSCF6890.jpg
坂本ケーブル2つの中間駅は乗降するのに事前申告が必要で、このインターホンで「次乗ります!」と言わないと
ホームに立っててもスルーされてしまいます。注意しましょう。

DSCF6901.jpg
再びケーブルカーに乗り込む。角度がどんどん急に。

DSCF6900.jpg
ちょうど中間にある列車の交換施設。
こんな感じで2輌の列車が30分おきに行ったり来たりしています。


■もたて山

DSCF6907.jpg
DSCF6908.jpg
もうひとつの中間駅。もたて山駅にて下車。
ここもほうらい丘駅同様、事前に「降ります!」と言わないと停まってくれません。

DSCF6911.jpg
さすがケーブルカーという角度。赤い鉄橋が眩しい。

DSCF6928.jpg
ここも駅は山の中。
「紀貫之の墓」が500m先にあるということなので、せっかく来たので行ってみる。

DSCF6927.jpg
平地の500mならどうということはないのだが山道はさすがに辛い。
次の列車は30分後、間に合うか!?

DSCF6920.jpg
息を切らせつつ到着。
所要時間:ダッシュで10分(注※だいぶ疲れます)

それにしても、かなりの有名人だと思うのですが非常にこじんまりとしており
山深い場所にあるためあまり手入れもされていないようです。

DSCF6915.jpg
琵琶湖を望むこの場所に埋葬された・・・
との説明書きはあれど、木が茂ってて見晴らしも微妙な感じが。

DSCF6932.jpg
あまり悠長にしている時間も無いので再びダッシュで駅まで戻る!
途中、道があやふやなのでルートを逸れないよう注意を払おう。

DSCF6947.jpg
駅まで戻ってきたハァハァ
なぜ俺は縁もゆかりも無い1000年以上前の人の墓参りの為にこんなに疲れているんだ。

呼吸を整えたのち、例によってインターホンで乗車の連絡をする。


■ケーブル延暦寺

DSCF6960.jpg
というわkで、頂上のケーブル延暦寺駅です。
寄り道しなければケーブル坂本からは正味10分程度。

DSCF6959.jpg
駅の側から眺める琵琶湖。

DSCF6971.jpg
徒歩10分くらいで延暦寺へ。
もたて山で墓ダッシュしていたころ、遠くのほうで鐘がゴンゴン鳴っていたけどコレだったのか・・・

DSCF6968.jpg
しかしノリで来てしまったため、
「最澄」「天台宗」「織田信長」「修行が厳しい」「やたらと燃えている」とかいう貧相な知識しかなく
てきとうに「へー」と見て回ったあと時間も無いので延暦寺を後にする。

DSCF6984.jpg

DSCF6992.jpg

DSCF6998.jpg


京都駅でうろうろし、新幹線で八つ橋をボリボリかじりながら帰宅。
なかなか楽しい関西遠征でした。


DSCF6999.jpg
スポンサーサイト
この記事のURL | 鉄道 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 福島駅周辺乗車記(後編)>>
コメント
-承認待ちコメント-
このコメントは管理者の承認待ちです
2012/11/10 15:46  | | #[ 編集] |  ▲ top

-承認待ちコメント-
このコメントは管理者の承認待ちです
2013/01/27 16:02  | | #[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://soket.blog50.fc2.com/tb.php/126-7c6b58d4
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。