FC2ブログ
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
久留里線
- 2010/04/09(Fri) -
AM 10:30 木更津

DSCF5007.jpg
前回と反対方向に、千葉県の木更津へとやってきました。
神奈川県の川崎から東京湾アクアラインで繋がっている街です。

DSCF5008.jpg
本日は木更津駅から房総半島の内陸部へと至るローカル線「久留里線」に乗ります。
と、思いきや次の発車はどうやら1時間40分後のようで・・・油断した。

DSCF5009.jpg
しょうがないので、木更津の街を散歩しつつ隣りの駅まで歩いて向かうことにします。


■祇園

DSCF5014.jpg
DSCF5018.jpg
木更津駅から徒歩で2.5kmぐらいの祗園駅へ。
「祇」の文字は駅名票どおり旧字体が正しいようです。変換しても出ませんが。

DSCF5015.jpg
駅前にはパン屋とコンビニ。ホーム脇には桜が咲いていてとても綺麗。

DSCF5022.jpg
ここから久留里線に乗車。
久留里線の無人駅には乗車証明書発行機があるので運賃は車掌に払いましょう。(18きっぷで来てるから関係ないけど)


■馬来田

DSCF5034.jpg
DSCF5038.jpg
さすがに全駅下車は時間的に厳しいので、適当に途中下車しつつ終点を目指す。


■小櫃

DSCF5026.jpg
DSCF5029.jpg
DSCF5025.jpg
うーん空が広い。


■久留里

DSCF5045.jpg
DSCF5048.jpg
路線の名前でもある久留里駅へ。
久留里線の列車は久留里駅終着のものがいくつかあり、この先終点の上総亀山へ行く列車は数が減少します。

DSCF5047.jpg
久留里線は単線で、途中列車交換が出来るのは横田駅、久留里駅のみ。
今時珍しいタブレット(通行証)の交換現場も見ることができるのでテツを見かける確立も高いです(笑

DSCF5053.jpg
江戸時代には城下町として栄えた町で。若干歩くけど久留里城跡へも行くことができます。

DSCF5052.jpg
久留里の町にはいろんな所にこのような不思議な物体が。
これは地下水に恵まれた久留里ならではの井戸で、その水は名水百選にも選ばれているそうです。
名水の里ということで酒造もたくさん。


■上総亀山

DSCF5059.jpg
DSCF5060.jpg
終点、上総亀山駅へ。木更津から直通だと1時間くらいです。

DSCF5063.jpg
久留里線の線路の終端。
あたりは農作業のおじさんが線路を平気で渡ったりと長閑な雰囲気(笑

DSCF5066.jpg
駅からはハイキングコースがあり、少し歩くと湖(亀山湖)やダムが。
なんだか房総半島の奥地に来てしまった感じです。

DSCF5069.jpg
桜の咲く公園で一休み。
学生で混雑する前に折り返し列車で木更津へと帰ろう。


おまけ
DSCF5083.jpg
木更津駅から歩いて10分の、しょ、しょ、しょじょじ~の童謡「証城寺の狸囃子」で有名なお寺「證誠寺」(しょうじょうじ)。
境内には死んでしまった狸を奉ったという「狸塚」もあります。

DSCF5075.jpg
久留里線の列車にも狸が。両脇の花は君津のツツジ、袖ヶ浦のユリだそうです。
ちなみに木更津駅の発車メロディも「証城寺の狸囃子」。

DSCF5082.jpg
というわけで久留里線完乗!
スポンサーサイト
この記事のURL | 鉄道 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ボス瞬殺ゲーム | メイン | 駅の桜を求めて>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://soket.blog50.fc2.com/tb.php/103-7992ab94
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。