スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
富士の裾野の
- 2012/03/31(Sat) -
■AM10:00 吉原

DSCF5578.jpg
DSCF5580.jpg
本日は、新宿から約2時間30分。静岡県の吉原という所にやってきました。

DSCF5767.jpg
ここから岳南鉄道に乗るのが今日の目的であります。
JRホームから跨線橋で繋がっていますが、せっかくなのでいったん出て正面から入りましょう。

gakunan_map.jpg
岳南鉄道は富士山の南側、吉原~岳南江尾間の9.2kmを走る短い路線です。
周辺にはそれほど高いビルも無く、天気がよければ全線に渡って富士山の姿を眺めることが出来ます。
新幹線に乗っていて富士山が綺麗に見えるポイントもこのあたりではないでしょうか?

DSCF5584.jpg
ここから土休日限定の乗り放題切符を買ってホームへ。
ちなみに終点まで乗ると320円なのに対して乗り放題の切符は400円。ちと安すぎるような気が・・・

DSCF5759.jpg
駅ホームから見える工場のタンクとその隙間から顔を覗かせる富士山。
このあたりは製紙業で栄えた町で、今も多くの工場が残ります。

DSCF5592.jpg
1輌ですが本数は意外と多く1時間に約2本。特に時刻表を気にしなくても大丈夫でしょう。

DSCF5755.jpg
吉原を出てしばらくは富士山を前に見据えて走ります。
線路の向こうに富士山が見える光景は少しの間だけなのでかぶりつき推奨だ!

■ジヤトコ前
DSCF5597.jpg
最初の駅に到着。
ちなみに「ジャトコ」というのは駅のすぐそばにある自動車部品メーカーです。
工場内からずっとへんなBGMが流れていました。お昼の時間?

■吉原本町
DSCF5603.jpg
ジヤトコ前から歩いて隣の駅へ。
JR吉原駅は町のはずれにあるので、駅前はこちらのほうが賑やかです。

■本吉原
DSCF5616.jpg
DSCF5608.jpg
巨大な工場のふもとにある駅ホーム。
岳南鉄道本社のある駅なのですが、駅は無人となっています。どこから入るのか一瞬悩んだという・・・

DSCF5615.jpg
ここから終点までは富士山がずっと北側に見えます。

■岳南原田
DSCF5738.jpg
DSCF5742.jpg
隣の駅へ。ジヤトコ前~岳南江尾(終点)間は駅間も短く、歩くのもいいでしょう。

DSCF5741.jpg
岳南鉄道は周辺の工場からの貨物輸送も行っていたのですが、貨物需要の低下からつい先日貨物の運行は終了してしまいました。
岳南原田駅ホームにも側線が多く残っています。

DSCF5735.jpg
工場に突入する電車。
ここから次の駅まで一部工場の敷地内を走ります。これは必見。

DSCF5731.jpg
巨大煙突が見えたりパイプをくぐったり・・・近いのでなかなか迫力があります。
岳南鉄道は工場好きにもオススメ!?


■比奈
DSCF5623.jpg
DSCF5632.jpg
工場を抜けると比奈駅へ。
駅員がいそうですが無人駅です。

DSCF5629.jpg
ここも在りし日の貨物輸送の面影か、敷地が広いです。
駅名標にも写ってますが、近くに「竹採公園」なるものがあるようなので行ってみましょう。

DSCF5653.jpg
駅から富士山に向って歩きます。

DSCF5635.jpg
1kmちょっとで「竹採公園」に到着。
かの竹取物語の伝説が残されている場所だそうです。(日本各地ほかにもいくつかあるようですが)

DSCF5645.jpg
それほど広くないのでくるっと一周してみます。

DSCF5640.jpg
「竹採塚」だそうです。
ここに光る竹が生えていたのでしょうか?説明書き的なものが無いのでよくわかりません。

DSCF5647.jpg
富士の裾野にあるため振り返ると見下ろせる吉原の町並み。
やはり煙突が目立ちますね。

■岳南富士岡
DSCF5657.jpg
DSCF5671.jpg
竹採公園を後にして、比奈駅には戻らず隣の岳南富士岡駅へと来ました。
かぐや姫がペイントされた派手な駅舎です(笑

DSCF5675.jpg
構内には機関車が泊められていました。
もうあまり動くことは・・・なさそうです。

■須津
DSCF5684.jpg
■神谷
DSCF5697.jpg
須津(すど)駅、神谷駅と訪れたあとはいよいよ終点へ。

■岳南江尾
DSCF5710.jpg
終点の岳南江尾(がくなんえのお)駅です。
かつてはここから沼津方面へ線路を伸ばす計画もあったようですが今は夢の話・・・

DSCF5716.jpg
周りには高いビルも無く、構内は広々としています。

DSCF5705.jpg
乗ってきたオレンジ色1輌の車両以外に「がくちゃん かぐや姫」なる2輌編成の電車が泊められていました。
朝夕の通勤通学時のみの運行で、昼間はここで待機しているようです。

ちなみに、岳南鉄道で2輌編成の列車はこれだけ。

DSCF5718.jpg
駅のすぐ側には東海道新幹線の高架が通っており、新幹線がひっきりなしに行き来しています。

DSCF5719.jpg
通しで乗っても20分程度。というわけで吉原へ戻ります。


・おまけ


■東田子の浦

DSCF5772.jpg
DSCF5775.jpg
日没までにはまだ時間があったので、隣の東田子の浦駅へ。

DSCF5776.jpg
駅から少し歩くと海に出ます。防風林を抜けて・・・

DSCF5783.jpg
田子の浦海岸に到着。
とっても天気は良いですが風がやたらと強く飛ばされそうです。

石の浜なので歩くとイタタタ

DSCF5789.jpg
遠くに眺めるのは伊豆半島。
伊豆急もそのうち乗ってみたいですね。

DSCF5798.jpg
スポンサーサイト
この記事のURL | 鉄道 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。